top29

女性だけじゃなく、男も着物・浴衣でおしゃれ

着物や浴衣と言うと、女性だけのおしゃれと考えがちですが、男性もおしゃれとして着ることが出来ます。
正月など、着物姿で歩いている男性はとても素敵です。また、茶会の席などでは着物姿であることが普通です。
男性の場合は、着物は着流しで着ることがとても多いです。袴などを履くのはあまありません。黒や紺色、グレイなどの着物に、角帯をあわせます。草履、下駄、足袋など様々な小物も黒などで統一しておくと、大抵の着物にあわせることが出来るため、便利です。男性の場合は華やかな柄のものは着ないため、色で少しおしゃれを楽しんだりします。扇子や、帯に少しだけ柄が入ったものを持ってきたり、様々です。また、着物自体も紬など、織りが美しいものを着ることでおしゃれに見えるはずです。
浴衣の場合は、すっきりとした紺色のものや、白地に紺色のものが涼しげで男らしいでしょう。裸足に下駄を履くことになりますが、履き慣れていないと足が痛くなるため、注意が必要です。自分の足にあったものを選び、いきなり長時間歩くような事は避けましょう。

このような着物や浴衣を、男性は自分自身で着ることが出来る人は少ないはずです。最近では着付けを男性向けに教えてくれる教室もありますので、そのような場所で習ってみるのも楽しいでしょう。とても簡単で着崩れしにくい着付け方を教えてくれます。但し、着付けは様々な方法、手法があり、流派によってかなり違いがあります。習いに行く場合は、しっかりと評判を聞いて確認してから行くようにしましょう。
教室に習いに行くのは恥ずかしいという場合は、周囲にいる女性などに頼むようにしましょう。男性の場合は、女性と違い、飾り結びなどしないため、比較的簡単に着つけることが出来ます。基本的な着付けが出来る女性であれば、行うことが出来るはずです。また、そのような女性がいない場合は、ネットや本などで見て、自分なりに行ってみるようにしましょう。その時は、必ず大きな姿鏡を部屋に置いて行って下さい。全身が見えないと、裾が短すぎたり、襟が開きすぎたりします。何よりも後ろ姿をしっかりチェックすることが大切です。前は綺麗であっても、後ろがシワだらけであったり、帯が歪んでいたりする場合があるためです。誰か人がいるのであれば、見てもらうようにしましょう。
このように、男性であっても、着物や浴衣でおしゃれを楽しむことが出来ます。自分なりに色々と工夫をして、おしゃれを楽しんでみるようにしましょう。

ブックマークサイト

特殊な中古車も検索可能!
バスやデリバリーサービスに最適な車も掲載されているんです

ラベルバンク | 【Foodog】 食品表示チェックサポートASPサービス
食品表示に関わる人に使ってもらいたいツールなんです

みんなが「いいね!」をするベビー服のBabychu(べびちゅ)
Facebookページから多くの人がBabychuの取り扱うベビー服を見ていい商品だと思ってくれているんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>