和服の良さがわかった気がする

夏になると祭りや花火や盆踊りなどで、多くの人が浴衣を身につけます。華やかでありながらしっとりとした日本の女性を演出する浴衣は、古くから多くの人に好まれてきています。しかしながら、浴衣は女性だけじゃなく、男も楽しむことができます。着物となれば大掛かりで手がでにくいという人も多いですが、簡易のものであれば、着やすく、自分での着付けも少しの練習で上達します。男性の和服は地味なものが多いと思われがちですが、帯や下駄などで花を添えることもできますし、扇子などの小物を足すことによって着物の良さも強調されます。また、麦わら帽子などを合わせることで、モダンな昔の人を思わせるようなファッションを楽しむこともできます。女性の着物の艶姿も素敵なものですが、男性の着物姿も工夫することができたり、自分らしさを強調することもできますので、多く人から慕われるファッションとして見直されつつあります。足袋などに関しても種類が豊富にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です