着物・浴衣の着こなし

恋愛に奥手な“草食男子”、毎日お弁当を持参する“弁当男子”など、○○男子が流行っている昨今、“着物男子”という新たなムーブメントが起こっていることをご存じですか? レトロやクラシックといった古き良き時代のアイテムを好む若い男性の視線は、音楽や映画のみならず日本古来のファッションにも集まるようになりました。しかし、興味はあっても着物や浴衣といった和風の装いは男性にとって敷居が高いもの。どうやって着ればいいのか、どんな場に着ていくことができるのか、そもそもどこで買えばいいのかなど、どんなに興味があっても諦めてしまいがちな面もあります。そこで、男性でも気軽に和服のおしゃれを楽しめるコツとカッコ良い着こなし術を紹介します。

どんなものにも良い物悪い物、安い物高い物があるように和服も値段や質はピンキリです。しかし、気軽に楽しむためにはまずは安価な値段のものを試してみることが大切です。リアル店舗はもちろん、インターネットで古着の和服を探すと、運が良ければ500円以下のものと巡り合うことができます。着物、もしくは夏に着る着物=浴衣を手に入れたら、次は帯を用意しましょう。帯には角帯、兵児帯がありますが、男性は角帯を選びましょう。そして、最後に下駄や草履を揃えます。この3点があれば、気軽に着物を楽しむ準備が整いました。そして、難しいと思われがちな和服の着方ですが、実は女性が和服を着るよりも男性のほうがずっと簡単なのです。インターネットや本を頼りに楽に着ることができるでしょう。

そして、男性ならではの着こなし術としては、柄や素材などにこだわるのも一つの方法ですが、ちょっと変わったアイテムを足してみるのも魅力的です。例えば、羽織を羽織らずマフラーを巻いたり、襦袢をつけずにタートルネックのセーターやワイシャツを着たり、普通のTシャツを合わせてみるのも男性ならではの着こなし術です。和服はお金をかけずとも、アイデア一つで個性を発揮できる装いとなります。また、冠婚葬祭だけでなく普段着としても着用できるのです。洋服に飽きたときは、ぜひ着物や浴衣をかっこよく着こなして街に出掛けてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です