着物・浴衣は女性向けだけじゃない

やはり、着物というと女性のイメージがあります。成人式や結婚式でも振り袖などの着物を着ますし、入学式やお葬式などでも女性が着物を着る機会は多いものです。男性が入学式やお葬式で着物を着ているのは、まず目にすることはありません。成人式や卒業式で袴をはく人は見かけますが、やはり女性に比べると少ないです。夏祭りなどでは、女の子は浴衣を着ることは多いですが、男性は甚平ならよく見かけます。
しかし、少し前にイケメン男性芸能人が着物をきた写真集を発売し、注目されるようになりました。もっと気軽に着られるようになれば、きっと着る男性は増えるはずです。日本の文化を守るためにも、誰でも着られる着物があると良いでしょう。
いきなり、何万円も何十万もする着物を買うのは勇気がいります。着方もわからないですし、手入れの仕方もわからないのに、思いきった買い物はできないでしょう。そんな時にいいのは浴衣です。値段も一万円ほどで買えますし、手入れもそんなに難しくありません。男性は帯の結び方の種類も少ないですから、すぐに覚えることができます。
最近は女性向けの浴衣にも、色々な種類が出てきました。洋服感覚で気軽にさっと着られるものは、若い女性に人気があります。今までの浴衣生地にはなかった、化学繊維でできたものもあり、自宅で洗濯もできるので手入れも楽です。生地以外にも、柄も今まにはない派手なものや珍しいものがあります。少し邪道に感じるかもしれませんが、丈が短いものもあり、動きやすいので人気があります。
男性も女性も着たいと思う気持ちを大切にしていくことが大切です。和服の人がタクシーにのれば、乗車賃が割り引きされるサービスが京都にあります。今日は和服で出掛けよう、とその日の気分で着ることができたら良いですね。間違っても、歩きやすいようにスニーカーなどで出掛けないようにしましょう。歩きやすい下駄や草履を合わせて買っておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です