男の着物・浴衣の種類

最近では、街中でも着物を着た男の人を見かけることも多くなりました。
おしゃれに着こなしている若い男性も多くいます。
着物は敷居が高いと思われがちですが、
きちんとした正装でなければ、カジュアルに着こなすことも可能です。
着物の仕立て方には、袷と単衣があります。
袷は、裏地がついていて生地が二重になったものです。
単衣は、裏地がないものになります。
スタイルもさまざまな種類があります。
着流しは、羽織をつけずに着用するスタイルです。
着流しに羽織をつけた着方が基本的なスタイルになります。
また着流し+袴や着流し+野袴など、数多くの着こなしがあります。
一般的な着物の着方は、まず初めに肌着を着用します。
その上に、長襦袢と着物を着用します。
単衣の着物の場合でも、長襦袢を着用します。
浴衣の場合には肌着の上から直接着用しますので、長襦袢は着ません。
しかし浴衣も着物も、仕立て方は基本は同じになりますので、
長襦袢を着用してから着ることもできます。
浴衣はもともと湯帷子とも言われていて、風呂上がりの衣服として着用されていました。
種類は寝巻や夕涼みの時に着るものと、お洒落着として着るものです。
夕涼みの時にきるものは、主に温泉街の湯めぐりの時等に着るものです。
お洒落着としては、花火大会や夏祭りなどで着るものです。
また単衣仕立てのもののみとなります。
着物が敷居が高くても、浴衣であれば男性でも気軽に着ることができます。
最近では、夏前になるとデパートなどで男性の物もいろいろな種類が販売されるようになりました。
素材も麻だけでなく、木綿やウール等さまざまな種類があります。
地肌に直接着ることもあるので、試着して着心地を確かめることも大切です。
またサイズは、お店に売られているものは、S,M、Lといった表示になっています。
サイズは身長を目安に選びます。
一般的な基準は、身長のマイナス26cm~28cmとなります。
合ったサイズを選び粋に着こなしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です