北海道新幹線は成功?失敗?

北海道新幹線が開業し、現在は函館北斗駅までとなっているところ、いずれは札幌駅まで延伸させようという思惑が多くの関係者にあり、地元もそれを望んでいます。

しかし、北海道新幹線が赤字となってしまえば、広大な土地に途方もない線路の数々、多くの赤字路線を抱えるJR北海道としては立場を一気に厳しくさせることになります。

そういった意味ではまだ成功も失敗も語る局面ではないといえます。

しかしながら、開業して間もない段階で予約が埋まらないなど苦戦が予想されるのは明らかです。

また、函館北斗駅から函館の市街地まではバスや特急に乗らなくてはならず、利便性という点でも飛行機と比べ、アドバンテージがそこまでなく、一部の飛行機嫌いの人以外ではなかなか積極的に北海道新幹線を利用する展開にはなりにくい状況です。

札幌駅まで延伸したとしても、それ自体は数十年後を予定し、需要がどうなのかも定かではありません。成功する要素より失敗する要素が多いのもまた事実です。

北海道新幹線を成功に導くとすれば、東北の方々を函館に導く、もしくは函館に住んでいる人が東北に赴く際に使うというものです。

青森までは新幹線が通っているのですぐ行けましたが、そこから先はかなりの時間を要しました。

開通によって通常より往来がしやすくなっています。

こうしたものを利用し、東北向けへのアピール、函館やその周辺の住民に東北のアピールを行い、相互利用を高めていくことが成功を左右することになりそうです。